未分類

薬剤師の生の声

生命に関わる医療現場で働く薬剤師は、ミスの許されない仕事です。医師と連携しながら薬を生産・販売する役割の重い立場でありますが、実際に現場で働く人々はどのような心境で働いているのか疑問に思う方がいます。そんな方に向けた、薬剤師の生の声を紹介します。

女性薬剤師のAさんは、自身の性格を天真爛漫で、ポジティブ思考と語ります。休みがあれば、場所を問わずどこでも旅行に出かけます。薬剤師の傍ら、カウンセリング・色彩分析の勉強をしており、学習フィールドを広げています。Aさんは、調剤薬局のリーダーを務めており、局員の指導や育成にも当たっています。仕事場で気を付けているのは、常に協力体制のある環境を作ることと話します。仲間のサポートがあってこそ一人前の仕事ができるので、リーダーとして威張らずに局員が快く働ける空気を保つことを心掛けています。

責任者のあるべき姿については、仲間のミスを未然防止するように矢面に立つことと話します。局員の過ちは自分の過ちと考え、患者に被害が及ばない仕事を率先して自らが実践しているのです。薬剤師を目指す学生に対しての言葉は、学業で行き詰まったり結果が伴わなかったりすることがあっても、くじけず楽しんで取り組むことが大事と話しました。

未分類

薬剤師に向く人々

薬剤師は、人間の命に関わる薬剤を庶民の皆さんに提供する、責任の重い仕事です。薬剤によって生き長らえる命もあれば、果てなく死んでいく命もあります。服用した薬品で、人間の未来を変えてしまっているのです。直接的に手を下していなくても、間接的に人間の生命を操作をしているのが薬剤師の仕事です。就業するにあたっては、人々の将来を請け負っていることを自覚していかなければなりません。

専門職につくには、大学で専門課程を学び、国家資格を取得するのが条件となります。薬剤師もいわゆる専門職に当たる仕事であり、学問に長時間立ち向かいます。高校、大学と勉強を続けられる集中力と忍耐力は、言うまでもなく求められます。そして、それらは薬剤師になってからも持っていないと勤められない要素です。大学を卒業したら薬学の勉強は終わりではなく、社会人になってからでも生涯永遠に続きます。学生時代に鍛錬を積み、同じ学問を全うできる器を作っていくのが薬剤師に向く人材です。また、失敗を恐れない精神力の強さも重要になります。時には、失態を犯すことがあるのが薬剤師の仕事です。過ちに直面したとしても、挽回できる心の強さは持っておきたいものとなります。

未分類

薬剤師になる為の資格

薬局や病院で、医師の指定した処方薬を調剤して販売する職業を薬剤師と言います。薬の調剤や販売が中心となりますが、製薬会社に勤務して病院に薬剤の営業活動をしたり、新薬の研究開発に従事する人もいます。求められる能力は、医師の処方箋に従って正しい薬剤を調剤して、患者に渡せるかということです。医薬品の細かい知識が必要となりますし、薬剤の具体的な効果を理解しておかないと 務まりません。服用後に出る副作用についても、漏れなく知っておきます。処方箋と異なる誤った薬剤を出さないように 、緻密な判断力も求められます。現場での実践力と緻密な注意力が、薬剤師には欠かせません。

薬剤師に就業するには、厚生労働省が定めた国家資格を取得するのが条件です。毎年、国家試験が実施されて、合格者が晴れて薬剤師の資格を得ます。試験を受けるには、大学の薬学科を卒業していることが前提となります。現代の薬学科は4年制と6年制に分かれていますが、国家試験を受けられるのは6年制のみとなっています。試験内容は筆記試験であり、薬剤の効果や安全性、人体や病気の概要、薬剤に関係する法律などが出題されます。毎年、類似した問題が見受けられ、過去問を中心に勉強するのが有効です。受験者の合格率は、約70パーセントとなっています。大学の講義を真面目に受けていれば、特別難しく感じる問題はありません。大学受験の薬学科の試験よりも、難易度はかなり下がっています。